読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

◯△

作った記録です。不定休で午後3時に更新

イングリッシュマフィン〜+全粒粉〜

 

【作った日:2015年9月16日】

 

 前回作った時に、もうちょっと素朴さが欲しいなぁと思い、今回は全粒粉をプラスしてみた。 

 

 

⑴ 強力粉を減らして全粒粉を加えるか

⑵ 強力粉にプラスして全粒粉を加えるか

 

どちらにしようか迷い、⑵にしてみた。(8個作りたかったので)

そしてそれに伴い水分も少し増やした。

 

 

f:id:dangomushin:20150917202440j:plain

 

 

 

 

 

f:id:dangomushin:20150917202442j:plain

 

 そういえば、このボールの中である程度粉と水分を混ぜる作業は、最近、箸で行っている。

指を立てて、米を研ぐ時の様に、と、書いてあったけど、指さきがベタベタになって何か(何かってなんだよ)あった時に手間取るため。

 

 

 

でもこねる時は思いっきりベタベタになるんだけども。

 

 

 

いざ一次発酵

f:id:dangomushin:20150917202446j:plain

 

 

 

 

一次発酵後

f:id:dangomushin:20150917202457j:plain

 

 

二次発酵は写真撮り忘れ。

中途半端な作業中継ブログです。

 

 

 

 

しかしイングリッシュマフィンはメロンパンに比べると本当に楽。

そしてうまい!!!

食パンよりこっちのが好き。

 

 

型は、コピー用紙3枚重ねで作ってみた。強度は問題なし。

 

 

f:id:dangomushin:20150917202512j:plain

 

ホチキスを始め丁寧に二ヶ所留めてたんだけど、一ヶ所で良いことに気づいた。

 

ちなみにセルクルは、大体φ8cm、高さ3cmになるように作った。

 

 

 

焼き上がり。

 

f:id:dangomushin:20150917202515j:plain

 

 

 

型から外す時、殆ど大丈夫だったけど、コーングリッツがちゃんと付いてない箇所が少し型にくっついて、表面が剥がれた。

なので、なくても良いけど綺麗なマフィンを目指すなら、オーブンシートを型と生地の間に噛ませると良いと思いました。

 

 

あと、今回はふたつに割ってから冷凍した。

 

 

 

 そして本日の朝ごはん!

f:id:dangomushin:20150917202532j:plain

 

 沼夫サンド イングリッシュマフィンヴァ〜ジョン。

 

こんだけキャベツモリモリにしてもぎゅっと潰して口の小さい私でもいける。

 

f:id:dangomushin:20150917202535j:plain

 

ただし、マヨ入り水分がめちゃ垂れたので、受けるお皿必須。

全粒粉の存在を意識する暇もなく一気食いして終わった。

そしてすごくお腹一杯になった。

 

これでキャベツ一枚分。

 

 

ごちそうさまでございました。

 

 

これからまた当分イングリッシュマフィンを食べれると思うとめっちゃ嬉しい私なのでありました。